<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

へいせい

現場ネタが少々続きましたので、久しぶりに街ネタ。
d0043069_23354537.jpg


平成と名が付いているには、かなり年期が入っているような。
でも、考えてみれば今年は平成18年なのですね。
18年経てばこんな風に・・・なるかな??・・・・?・・

しかし、年々加速度的に時間が早くなっているのは気のせいでしょうか(^_^;)
[PR]
by wills-d | 2006-01-31 23:40 |

らーめんてん

さて、今回はラーメン店新装工事の問題点について。

なお、連載しているブログでの記事は、これからお店の開店などをお考えの方に少しでも参考になればと思い、ラーメン店店主様のご快諾を得て書かせていただいているものです。
(店主様感謝ですm(__)m)

お店を開店しようと計画したときにまず始めることはテナント探しだと思います。
(資金計画などについては別とします)
商売を始める方は場所や広さ等に考えを持たれて探すこととなる訳ですが、これが一番の悩みどころだと思います。
当然場所を決めたらそこに根をはる覚悟で商売を始めるわけですから、様々な拘りがあって当然でしょう。

テナント探しからの手伝いもさせていただくのですが、理想を追い求めるとキリが無いですね。
ご自分の住むところを探した事のある方ならお解かり頂けると思いますが、全ての条件を網羅する物件はまず無いでしょう。

さて、今回のラーメン店の場合なのですが、店主様が悩みに悩んで物件を探し、契約を済ませた後にご縁があり、新装工事を当社にお任せいただくことと成りました。

大きな街道沿いに面し、ビルの1階の路面店。
広さもラーメン店としては使いやすい坪数で賃料を考えても理想に近い物件のようでした。

お話が進み、現場を詳しく見せて頂くと開店に支障のある幾つかの問題点が出てきました。
その問題点とは設備関係です。
こちらのテナント、元々飲食店舗などは一切考えずに設備工事をされているようで、ラーメン店を営業していくには少々不都合な仕様となっていました。

d0043069_19401459.jpg

まず、ガスです。
飲食店であれば家庭用よりも大きなガスバーナーが必要ですし、給湯器も大型のタイプが必要な場合があります。ラーメン店では特に麺茹釜やスープ釜に幾つかのバーナーコンロが必要になります。
こちらのテナントではガス容量が少なくメーターを交換してガス管を太くする必要がありました。共有スペースに置いてあるメーターからテナント内天井に設置してある配管を新規にやり直す必要があります。さらにこちらの店舗では共有スペースのメーター設置場所には新しい大型のメーターを置くスペースが無く、店内に設置することとなりました。

そしてもう一つは水道です。
ガスと同じく飲食店を想定していないためこちらも容量が足らない可能性がありました。
ガスの場合は比較的容量アップ工事は簡単に出来たのですが、水道工事は問題が山積です。
こちらの建物自体があまり大規模建築でないため、建物に来ている水道容量が限られているのです。それを確認するために管轄の水道局に行き、総容量(埋設管の大きさ)を調べテナント内への容量アップが可能かどうかを係りの人に相談することから始まります。
結果、現在20ミリの管を25ミリに変更する事の了承を得ることが出来ました。
さて、水道の場合の問題はこれからです。
建物に来ている埋設された水道管を掘り返し、新しく太い管へと繋ぎ直さなければならないのです。その場合、共有スペースを大きく掘り返す事となりその補修も含めかなり大きな工事となってしまいます。
工事金額もかなりかかる為出来ればやりたくない工事です。しかし、後に使い勝手が悪いから直したいと思っても、開店した後では増設工事は不可能になってしまいます。
覚悟して掘り返しの作業の段取りをしようとしてもまだ諦めが付かず、設備図面とにらめっこして、ある裏技を思いつき建物所有者の了解も経る事が出来、想定していた工事よりもかなり規模を縮小する事が出来ました。
裏わざとは?・・・ちょっとここでは内緒と言う事で(法は犯してはいませんよ)

他にも設備面で幾つか問題があったのですが、大きな点では上の2点になります。

この様に書き綴ってしまうと、こちらを探した店主様が悪いような感じになってしまいますね。
決してそんなことはなく、この様なケースは多かれ少なかれ出てくる事です。
物件探しから私などが同行して、設備面などを確認させて頂くことが1番良いのですが、通常の流が、物件を探した後に私共のようなデザイン、施工会社にお声を掛けて頂き、見積やプランを提出して発注先を決めて頂く事が普通ですから、どうしても現調するのが、ある程度物件をお決めになってからになります。
前店舗が飲食店であったとか、居抜きに近い状態であれば問題も少なくはなるのですが、それでも、結局エアコンが使えなかったとか、完全に問題が無い事はなかなか無いようです。

かなり長い文章になってしまいました。稚拙な文章で長くお読み頂くのも辛いと思いますので、
続きはまた次回に・・・(^_^;)
[PR]
by wills-d | 2006-01-28 19:47 | 現場

らーめん店

現場進んでおります。

カウンターの下地ができましたね。
d0043069_208129.jpg


エントランスのドアがつきました。
大通り沿いでもあり、入口を開けたままの営業は出来ないだろうとの判断で、店主様のご希望によりオートドアになっています。
お客さんにもメリットは多いですよね。
d0043069_20113284.jpg

サッシが中途半端? こちらは工事後半に続きます(^_^)

少々写真では分かりにくいかな・・・厨房内壁面にステンレスが貼られました。
d0043069_20163039.jpg


だんだんお店らしい形が出来上がってきました。
しかし、完成にはもう少々時間がかかりそうです。

コメント欄等にちょっと歯切れの悪い内容があり、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、こちらの現場、幾つか問題を解決しないままの着工となっています。

それらの問題も解決しつつありますので、完成の日取りが見えつつあるかな。
問題点についてはまた後日書いていきたいと思います(^_^)
[PR]
by wills-d | 2006-01-24 20:28 | 現場

ゆき

♪こなーゆきぃ~~ などとのんきに歌っては居られないほど降っています、東京。

朝、現場の前でも既にこんなに・・・
d0043069_15295988.jpg


日中の東京ですから、幹線道路に積もる事はありませんが、葉が落ちた街路樹に積もった雪が良い感じです。
d0043069_15402469.jpg


でも、少し裏に入ると道にも積もっていますね。
d0043069_1545487.jpg

雪かきをしないまま、これが明朝凍ってしまうと大変です。

雪には滅法弱い(雪に限りませんが・・・)東京です、やはり電車も各線で遅れが出ているようです。
d0043069_15541221.jpg


皆様足元にお気をつけ下さい(実は私が1番危ない・・・)
[PR]
by wills-d | 2006-01-21 15:55 | 日常

カウンター

カウンターの基礎部分です。
d0043069_1102819.jpg

相当にガッチリ造られていますね。
こちらのお店でこらから何百人、何千人、何万人とお客様にこのカウンターで美味しいラーメンを食べて頂く事となる場所です。
何にも増して丈夫さが要求される所ですね。
象が体当たりしても壊れないかな(^_^;)

この過程でカウンター内に厨房機器用電源の配線を通します。
d0043069_1121870.jpg

後で露出の配線をすることも出来るのですが、事前にレイアウトをキチンと計画しておけばカウンター内に収まりスッキリしますね。


今年の冬はとても寒いので、現場での休憩時間には・・・
d0043069_1191834.jpg

[PR]
by wills-d | 2006-01-18 01:21 | 現場

どうぐⅡ

前回は水平基準のお話で「垂直は?」との声にお答えして・・・
(え?誰も言ってない!?)

下げ振りです。
d0043069_1985990.jpg


地球の重力を利用した原始的な道具ですね。
紐に重りが下がっているだけの道具です。
d0043069_19112057.jpg

この写真のタイプでは、本体を固定する部分には磁石とピンが内蔵されています。
ピンは木材などに刺して使い、磁石は軽鉄下地などの時に使います。

今回の下げ振りは説明するまでも無かったような・・・(^_^;)
[PR]
by wills-d | 2006-01-15 19:18 | 現場

どうぐ

なかなかPCの前に座る事がでません・・・(T_T)

今回は道具の話。
現場で水平、垂直を正確に出す事は基本中の基本ですよね。
壁などの少しの傾きでも以外に良く分かるものです。

で、これなんでしょう?
d0043069_1732424.jpg


全体像はこんなん・・
d0043069_17332136.jpg


水盛カンと言って、水平を出す為昔から使われている道具です。
使い方はバケツに水を入れると、ホースから水が流れ出てしまいますが、カンよりも高い位置まで上げると、あら不思議、缶の中の水と同じ高さにホースの中の水が止まる所が出来ますね(当たり前です・・)
バケツを移動しない限りホースに出来た水のラインは何処に持って行っても変わらないので壁などに一定の高さの印を付けることが出来るわけです。

d0043069_17531692.jpg

最近はレーザー水準器と言う道具もかなり普及してより便利に使えるようですが、今回現場をお願いしている大工さんは「レーザーは信用していない」との事で、レーザーを使った後にさらに水盛カンを使って水平を出していました。
良いお仕事されています(^_^)
[PR]
by wills-d | 2006-01-13 18:01 | 出張

ラーメン店

引き続きラーメン店現場報告です。
やり始めたからにはマメに更新しないとですが・・・(^_^;)

d0043069_2321126.jpg

前回の墨出しにそって、ブロック積みをした状態です。

ブロックの上から飛び出ているのはカウンターを固定するためのアンカーボルトですね。
向かって右側が厨房になります。

d0043069_235424.jpg

この写真の手前側にモルタルを流し込んで厨房の排水溝を作るわけですね。

こちらの店舗では納まり上、客席よりも厨房側が20センチ以上高くなってしまう事になります。
最近では飲食店の厨房もドライキッチン(排水溝を造らない)が徐々に広がっていますが、こちらでは店主のご意向で排水溝を設けることとなりました。

水を流して掃除する方が一見清潔そうに感じますが、実際には床が常に湿った状態になってしまうので、かなり清潔に掃除しないと雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

お店の業種にもよりますが、ドライキッチンへの移行はメリットも多いように思います。

もっともラーメン店場合は、麺の湯きりもありますし、床にジャブジャブ水を流す事が出来る方が使い勝手が良いでしょうけどね。
[PR]
by wills-d | 2006-01-09 23:15 | 現場

あの居酒屋さんが・・・

こちらのブログで以前、少々辛口な意見を書かせていただいた居酒屋さんなのですが、その後に行く機会も無く数ヶ月が過ぎていましたが、最近前を通ってふと気が付くと、ラーメン屋さんになってました。

おそらく、2ヶ月ほど前のようです。
d0043069_0324091.jpg

店を覗くと、内部エントランスとも全くの居抜きで、看板だけ替えたようです。
(もちろん厨房設備は変えているのでしょうが)

以前の居酒屋さんが閉店してしまったのか、商売替えをしたのかは定かではありませんが
残念ながら居酒屋としての業態ではうまく行かなかったようですね。

ラーメン激戦区の中野への出店で、厳しいとは思いますが頑張ってもらいたいところです。
今度食べてみますね(^_^)
[PR]
by wills-d | 2006-01-07 23:23 | 商店

ラーメン店

昨年末から現場には入っています。
ラーメン店新装工事です。
d0043069_1133858.jpg

スケルトンの1Fテナント空間。
ここが客席12のラーメン店になります。

まずは全ての基本となる墨だしから・・・
d0043069_11352083.jpg


スタートから諸々の問題を可決しつつの現場になっていますが(まだ解決できない事も多数・・・)
1月末竣工を目指し、進める予定です。

こちらの現場で解決していく(行くであろう・・)問題に関しては、これからお店などの出店をお考えの方にも参考になることも多いと思います。
ポイントポイントで少しずつこちらのブログでUPしていきますので、お時間のあるときに是非お立ち寄り下さい。
[PR]
by wills-d | 2006-01-05 11:45 | 現場