<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お知らせ

都合により少々更新が滞ります。
まぁ、日頃から怠けているので大差ないと思いますが・・・

週明けには更新させて頂く予定ですので、またお越しいただくと非常に嬉しいです。

今後とも宜しくお願い致しますm(__)m
[PR]
by wills-d | 2006-02-28 23:21 | 雑記

無題

d0043069_0432680.jpg



閉じ込められた風景・・・
そこには何が見えますか?
[PR]
by wills-d | 2006-02-25 00:44 | 雑記

らーめんてん

これなんでしょう・・・
d0043069_19333714.jpg

本体はこれ、
d0043069_1934186.jpg

店舗用のエアコンですね。

上の太い筒はダクトです。
12席のラーメン店なのですが、馬力的には大きめの6馬力の能力を持った物を入れます。
さすがに大きいですね・・・
でも、これで真夏も美味しくラーメンを頂く事ができます(^_^)

店舗形状が縦長なため、通常良く見る四角形の形をした天井型のエアコンでは店内に冷房ムラが出来てしまうため、今回は本体から噴出し口を4箇所に分けて設置できるタイプの物としました。
上記写真のダクトはそのための物ですね。
結露などを防止するためにグラスウールで巻かれたタイプの物です。

え!?今頃エアコンの設置??・・・
工事関係者の方ならとても疑問に感じられるかもしれませんが、今回は数々の諸事情により、工程後半の設置となってしまいました。
(その辺はあまり突っ込まないでくださいませ(^_^;))

ともあれ、これでやっと天井を貼る事が出来ましたので、いよいよ本格的に仕上げ工程です。
まずは養生をしっかりして塗装工事ですね。
d0043069_1945378.jpg

[PR]
by wills-d | 2006-02-20 19:47 | 現場

らーめんてん

さてさて、ラーメン店施工報告続きです。

設備関係の諸事情が解消されたのでやっと厨房にコンクリを流し込む事が出来ました。
写真はモルタルを仕上げる直前のものです。
d0043069_23295381.jpg

まだヒタヒタ状態ですね。
飛び込みたい衝動を抑えます(^_^;)

乾くとこんな感じです。
d0043069_23315255.jpg

良い状態ですね。
この様に厨房内の床を嵩上げする場合も1つの工程では終わりません。
こちらの厨房の場合、最大に床上げした所でフロアプラス250ミリになってます。
その高さ全部コンクリートを流すわけ無く、通常はスタイロフォームと言う発泡スチロールの少し硬い物を下地としてその上にコンクリート(セメントに砂と砂利を混ぜた物)流し込み、、モルタル(セメントと砂を混ぜた物)で表面の仕上げを行います。
さらにこちらの現場では後の工程の為に下地をスタイロフォームだけでなく、乾きやすいように下地に砂利を多くひき込みました。


フロントも造作が完了しました。
d0043069_2344088.jpg

こちらはオードアのサッシと木の枠を組み合わせました。

オートドアも木建具で出来ない事は無いのですが、どうしても多少狂い(木はどうしても多少なりとも湿度などで動きがあるので)が出て、後々開け閉めに不具合が出てしまう事が多々あるので通常のアルミ枠にしました。

こちらの現場もこれから仕上げ工程に入ります。
ラストスパートですね。
[PR]
by wills-d | 2006-02-16 23:51 | 現場

とうきょう

都庁方面に用事があり、
バ○と何とかは高いところが・・・との格言通りの私ですので、矢も盾もたまらず
登りました展望フロア。
d0043069_18214688.jpg


東京生まれの私ですが、上空から観たこの街の景色は現実感がありませんね。
何処までも続くビルビルビル・・・ゴジラになって踏み潰したい衝動に駆られます(^_^;)

d0043069_18311171.jpg


観光で来ているのでしょう、外国の方もいらっしゃいましたが唖然とした表情をされていました。
夜になるとまたガラリと変わって美しい夜景を見せてくれるのですけどね。

高層ビルの谷間の新宿中央公園も、冬は木々の葉が落ちていて少々寂しげな雰囲気です。
d0043069_18285388.jpg

[PR]
by wills-d | 2006-02-13 18:32 |

どうぐ

先日の墨だし作業の時にも活躍した「墨つぼ」です。
現場にポツリと置かれていたので、パシャッと一枚。
d0043069_20112824.jpg


こちらのような昔ながらの木製の物はさすがに最近は見かけませんね。
先日テレビでも放映されていましたが、三谷幸喜監督映画の「みんなの家」にも登場していました。

一緒に写っている、竹のへらで押さえながら紐をひき出し、ピンッとやるわけです。
この竹へらは、紐を押さえるほかに筆記用具の役目も担います。
墨をつけて、木材や地面にちょこっと印を付ける時に使うのですね。

余談ですが、花の「スミレ」
語源は墨つぼを使っての「墨入れ」からきているようです。
スミレの花が墨つぼに似ているからと言うのがその理由らしいです。
[PR]
by wills-d | 2006-02-10 20:23 | 現場

こうさく

d0043069_23244162.jpg

何処にでもあるペーパーホルダーですね。
これはこれでシンプルで良いのでしょうが、味気ないですよね。

少々お化粧を施したいと思います。

まずはばらして・・・
d0043069_23261968.jpg

金の塩ビシートを貼りましょう。
d0043069_2327773.jpg

塩ビシートとは、裏にノリが付いたシール状のシートです。
エレベーターの中や、玄関のスチールのドアなどの仕上材と言えばお分かりでしょうか。
通称ダイノックシート言いますが、これはメーカーの商品名ですね。

材料は少し固めのシールのような物なので、ペーパーホルダーのような曲線の立体物を貼るためにはコツがいります。

その時に必要な道具が「ドライヤー」です。
d0043069_23334491.jpg

これで暖めてシートを伸ばしながら貼っていきます。

フタ(?)の部分が貼れました。まあまあでしょうか・・
d0043069_23361058.jpg


側の部分がとても難しかったのですが、いきなりの完成写真です(^_^;)
d0043069_23371682.jpg

暗い所に置くのでこのぐらいの仕上がりでも宜しいかと・・・(汗)

さてさて、このペーパホルダーの行方は何処に・・・?
[PR]
by wills-d | 2006-02-07 23:47 | その他の仕事

らーめんてん

さて、施工中ラーメン店の続きです。

造作物が出来上がってきました。
d0043069_18545655.jpg

さてこれは何でしょうね・・・(完成時をお楽しみに)


カウンターの仕上作業です。
d0043069_1856283.jpg

この様なカウンターを作る場合、大きく分けて2通りの作り方があります。
1つは工場でカウンターを作ってしまい、現場に納める方法と、こちらの現場のように現場で造作する方法です。
どちらが良いとか悪いとか言う事はなく、その時々の諸事情などで決める事が多いです。


厨房の排水関係をセットしました。
d0043069_191522.jpg

(写真の角度が変なので見にくいですね・・・)
左側がグリーストラップと言う物で、ゴミや油などが直接排水に流れないようにする水槽です。
ゴミをせきとめるダムのようなものと思って頂ければ良いかな。
右が排水溝ですね。
今回は厨房内に長く設置するのではなく、セミドライキッチン的な使い方をされると言う事で、この部分だけグレーチングを設けました。
この後、厨房内にコンクリートを流し込むわけですが、本来ならこの工程はかなり始めに終わらせるべき工事なのです。
ただ、こちらの現場では設備関係の絡みがあり、この工程がかなり最後の方になってしまいました。
出来上がりに差がつくわけでは無いのですが、これからの工程がかなり複雑になってきそうです。
[PR]
by wills-d | 2006-02-03 19:11 | 現場